NPO法人 ウェアラブルコンピュータ研究開発機構

News

HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(大阪)企画中!
HMDミーティング(大阪)企画中!
HMDミーティング(大阪)企画中!
HMDミーティング(大阪)企画中!
HMDミーティング(大阪)企画中!
HMDミーティング(大阪)企画中!


これまで
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(大阪)
定例会(大阪)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(東京)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(大阪)
第二回ウェアラブルエキスポ
HMDミーティング(大阪)
定例会(東京)
HMDミーティング(神戸)
HMDミーティング(相模原)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(東京)
HMDミーティング(神戸)
HMDミーティング(大阪)
定例会(大阪)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(東京)
HMDミーティング(大阪)
HMDミーティング(大阪)

About Us

塚本昌彦

チームリーダー

塚本 昌彦(つかもと まさひこ)
工学博士。神戸大学大学院工学研究科教授。
ウェアラブルコンピューティングおよびユビキタスコンピューティングの研究開発に従事。
ウェアラブルの伝道師:ウェアラブルの未来について数々の予言をする。

プロフィール

1987年 京都大学工学部数理工学科卒業
1989年 同大学院工学研究科博士前期課程修了
同年、シャープ株式会社入社
1995年 大阪大学大学院工学研究科講師
1996年 大阪大学大学院工学研究科助教授
2002年 同大学院情報科学研究科助教授
2004年 神戸大学工学部電気電子工学科教授
2007年 神戸大学大学院工学研究科教授(電気電子工学専攻)現在に至る

ウェアラブルとは

ウェアラブルとは

ウェアラブルとは文字通り服のように着る(wear)ことができる(able)コンピュータです。 HMD(Head Mounted Display)と小型コンピュータを装着し、いつでもどこでもコンピュータを利用することができます。ウェアラブルの特徴としては、以下の項目があげられます。

1.手軽さ
コンピュータをどこでもさっと利用できる。
2.長時間利用
機器を手に持つことなく、長時間利用できる。
3.ファッション性
装着方法を工夫することで目立たせたり目立たせなかったりしながら、ファッションアイテムとしての要素をもつ。
自己表現のために利用することもできる。

チーム概要

チーム概要

正式名称
NPO法人
ウェアラブルコンピュータ研究開発機構(通称:チームつかもと)

「コンピュータを着る」ウェアラブルコンピューティングは、これからの時代における人とユビキタスコンテンツの接点となる最も重要な基盤技術です。 新しいコンピュータの利用スタイルを日本で立ち上げ、世界に広げていくことがチームつかもとの大きな目標です。 ウェアラブル、HMD、ユビキタスをキーワードに、最先端の技術開発、アプリケーション開発を行い、世の中への普及、啓蒙活動、および産業化までを行っていこうとしています。 特にエンターテイメント分野を重点的にターゲットとして、ビジネス展開までを目的とした活動を実施していきます。

役員構成
理事長  塚本昌彦  神戸大学大学院 工学研究科 教授
副理事長  大江瑞子  クリエイター
上田安子服飾専門学校 顧問
武庫川女子大学 非常勤講師
副理事長  福田登仁  ウェストユニティス株式会社 代表取締役
理事  志水英二  大阪市立大学 名誉教授
理事  寺田努  神戸大学大学院 工学研究科 准教授
理事  河合隆史  早稲田大学大学院 理工学術院 教授
理事  角康之  公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授
理事  義久智樹  大阪大学サイバーメディアセンター 准教授
理事  米倉彦之  株式会社美貴本 代表取締役社長
理事  中内淑文  株式会社ユニックス デザイン オフィス 代表取締役
理事  清川清  大阪大学サイバーメディアセンター 准教授
理事  米澤俵介  株式会社堀場製作所 コーポレートコミュニケーション室プロダクトデザイン担当マネジャー
監事  秋田弘司  高橋秀彰綜合会計士事務所

Recruitment

会員募集

チームつかもと(正式名称:NPO法人 ウェアラブルコンピュータ研究開発機構)では、ウェアラブルコンピュータの普及、啓発、新しい文化の創造という我々の目標に賛同してくださる会員を募集しております。

法人会員
会費:当面入会金なし。年会費、1口 100,000円、1口以上。1口につき、1法人3名参加可能。
(注)複数口の入会でも、議決権は1票とする。

  1. 定例会(定例会/年4回)に会員価格で参加できる。(1法人3名まで)
  2. 会社としてチームつかもとの各種プロジェクトに参加できる。これにより、複数の会社、大学、行政機関との共同研究およびユーザー利用実験、ビジネス化へのアプローチが可能となる。
  3. 各企業で開発したプロトタイプ商品、システムをチームつかもとに持ち込んで、フィールド実験の場として利用できる。報告書をはじめとして、実際の商品開発、販売に結びつける各種サポートを受けることができる。別途、プロジェクト参加費用が必要。
  4. 各種イベント等の案内を受け取ることができる。
  5. イベント、セミナーに優先的に参加できる。

個人会員
会費:当面入会金なし。年会費、1口 10,000円、1口以上。
(注)複数口の入会でも、議決権は1票とする。

  1. 定例会(定例会/年4回)に会員価格で参加できる。
  2. プロジェクトへの参加は原則的に、ボランティアを基本とする。
  3. 各種イベント等の案内を受け取ることができる。
  4. イベント、セミナーに優先的に参加できる。

賛助会員
会費:入会金、年会費、ともに無料。

  1. メールニュース受信、および各種イベント、セミナーに実費で参加できる。

Project

鈴鹿8耐

鈴鹿8耐

エキシビジョン

エキシビジョン

ウェアラブルファッション

ウェアラブルファッション